キャッシングとの上手な付き合い方

お札がはみ出た財布キャッシングはとても便利だけど、いざという時のために残高には余裕を持たせておきたいです。

近頃キャッシングは、随分と手軽に、そして簡単な手続きで利用できるようになりました。
実際のお金の引き落としが、コンビニATMで出来たりするのには驚きでした。
利便性とキャッシングしているように見えないという点が両立しているというのは、とても嬉しいし利用者側としてはありがたいですよね。

しかし簡単に借りられるからといって、ついつい使いすぎてしまうと本当にお金が必要になった時、とても困る事になります。

私は以前、大きな買い物が続いた時にキャッシングを利用しましたが、一度利用してからはお金が足りない時にちょっとした買い物にでも、ついキャッシングをして買いそうになることがあります。
実際に一度その手軽さを覚えてしまうと、クセになってしまう人も多いようです。
気持ちはよくわかります。
なんといっても街中に行けばあっちにもこっちにも、消費者金融からキャッシング可能なコンビニが立ち並んでいるのですから。

私はそんな時、今の利用可能額と利息のことを考えて何とか思いとどまります。

キャッシングはあくまでも「借りる」のであり、後々待っているのは「返済」です。
おまけにしっかりと利子まで発生しているので、計算すると利子だけで数万円になっていた…なんてことも珍しい話ではありません。
そう考えると、その分で買えるものもあったのではないかと後悔してしまいますよね。

キャッシングは決してお金が貰えているわけではないので、その辺りが麻痺しないように気を付けていかないといけません。
なかなか固い意思が必要ですが、それ位じゃないとキャッシングとは上手く付き合えないですね。