気軽に借りれるお金の怖さ、利息の重さ。

銀行のATM以前、バイト程度でスナックに勤めていた時、後輩の女の子から携帯の契約を代理でしてほしいと頼まれました。
まだ振り込め詐欺などが流行る以前だったのと、お酒も入っており、支払は給料日に直接払うとの約束で了解していました。
仕事ではほぼ毎日一緒のうえ、携帯を契約してから2~3カ月までは、請求分+手数料としてきちんと頂いていました。
ですが急遽この子がお店を辞めてしまい、携帯料金の支払いの連絡をしても「来週払います」といつせもはぐらかされて、3カ月目で解約しました。

その頃はバイト代は遊ぶためだけのもので、貯金するという考えがなかったので、解約する際に今までの未払い分約10万円を支払うことができず、消費者金融からお金を借りました。
自動審査のうえ、身分証明書だけで30万円もの借入が簡単にできる消費者金融に驚き、同時に返済も月々5,000円からとお得に感じてしまいました。
そして利息など微々たるものだと思い、その後も返済しては借り、返済しては借りを繰り返し、借入金額限度まで借金し返済になんと5年もかかってしまいました。

その当時はまだグレーゾーン金利だったため、借入金額以上の利息を支払ったことになります。
いくら簡単な手続きとはいえ、稼いだ金ではなく、借りた金。
いつかは返さなくてはならないお金。
今遊ぶお金が欲しくて借りたお金は、後々利息がついて返済する頃には大金となっています。
頭ではわかっていても、いざ借りてみると、まるで自分のお金の用にコンビニのATMからも引き出しができます。
これがマチ金だったらと思うと多分返済できていない気がします。

きっかけはどうあれ、一度お金を借りる甘さを知り、お金の怖さを知った良いような、悪いような経験でした。
ちなみに未だに後輩の女の子とは連絡が取れません。

子供服はまとめ売りが正解!

たくさんの子供服出産祝いやプレゼントなどで沢山子供の服を頂くと思います。
しかし実際は時期が合わなかったり、着ないうちにサイズアウトしてしまった服も多く、タンスの肥やしになっている服が多数ありました。
新品のものやタグ付きのものはそれなりの値段で問題なく売れますが、1回でも着た服は古着扱いになってしまします。
しかし子供の成長は驚くほど早く、どんどんサイズアップしてしまい1シーズン着ると大体の服は着れなくなってしまうものです。

ほぼ未使用に近いものから、数回しか着ていないもの、ヘビーローテーションだったものと様々ですが、とにかく服の量は増える一方で保管場所に困っていたのですが、捨てるにはまだ惜しいという古着が大量になってしまい、保管場所も限界だったのでフリマアプリを活用しました。
古着として売るには大した値段がつかなそうな服でも、まとめ売りにすることで一気に注目してもらえます。

自分もそうですが、お母さんは育ち盛りの子供に高級な洋服を1着買うよりも、多少お古でもいいので数が欲しいものです。
全ての方がそうとは限りませんが、実際私はそうでした。
特に保育園児などは毎日どこかしら汚してしまうものなので貴重な1着より、汚しても惜しげのない服が大量にあると嬉しいです。
なので、子供服はまとめ売りにして出品したところ、単品でバラバラ1着ずつ売るよりはるかに注目してもらえて効率も良く、更に思っていた以上の値段が付くという結果になりました。

海外旅行での買い物は後で困ることもある

メロンパン結婚する前にハワイ旅行に行きほしいものはすべて購入する買い物三昧.
そのころはカードで買い物をすることも少なく海外だったこともあり、ほぼ全額現金で支払いました。
約60万円ほどは使ったと思いますが自分が欲しいものをほとんど購入することができ、日本よりも格安だったので大満足の旅行でした。
実家暮らしではありましたが、昼食や友達との夕食はもちろん自分で支払っていました。
ハワイ旅行の後は貯金もほぼ使い切っていて給料日まで手持ちがほとんど残っていない状態でした。

親にお金を借りることも考えましたが、自分の買い物でお金を使い切ってしまったので言い出せず、できることからやってみようと思いました。
仕事に行くときはお茶を持っていき、昼食はコンビニのパン1個か社食で一番安いうどんを毎日食べ続けました。
友達との食事はすべて断り、社食のうどんに飽きたら安いハンバーガーを買いに行くなどして何とかしのぎました。

実際一日仕事をする中でパン1個はかなりきつかったので、これ以降は海外旅行に行っても買いすぎないように気を付けるようにしました。
今は結婚して自由に使えるお金も昔よりも少ないですが不要な物は買わない、本当に必要かどうかなどを考えてから買い物をするようになったのはお金がなくて昼食にも困った時期があったからだと思っています。