換気扇フィルターの販売業者詐欺に注意

換気扇10年程前、始めて自分で契約をして一人暮らしをした時の話です。
そのマンションは新築でオートロック有り、全部で8部屋の小さなマンションでした。
全てワンルームでだいたい一人暮らしの方ばかりだったと思います。
引越して一週間程たったある日の夕方、オートロックのチャイムが鳴り出ると作業着姿の男性がいました。
何も警戒なしにすぐ出てしまったのを後悔しています。

夕飯時だったので忙しい中申し訳ないと丁寧な感じで挨拶した後、「管理会社様からのご依頼で、各部屋にキッチンの換気扇のフィルターをご案内に回っております。」とのこと。
そんなの必要なのか?と疑問に思いながら、はぁ…となんとなく返事すると、「新築のお部屋ですので、お客様が使用された後、油でギトギトに汚されると退去時にクリーニング代を請求する必要があるんですよ。なので前もってフィルターをつけて頂くようにお願いしています。」ともっともらしいことをおっしゃいました。

今思えばそんなことはないですが、その時は初めての一人暮らし。
退去時に修繕費で大変な目にあった、という話は何となくテレビやネットで聞いたことがあったので、そりゃ大変だ!と思ってしまいました。
仕事で疲れてクタクタで、休みの日に掃除をするほどまめな性格でもないのでフィルターをつければ済むなら…と、安易な気持で玄関へ通してしまいました。

玄関に来た時にはすでに大きな袋に入ったフィルター束が用意されていて、「このマンションの換気扇に合うサイズなので安心して下さい」「ご入居キャンペーンで通常より安くなってます」などといい事ばかりアピールされ、ちゃっかり管理会社の名前が入ったチラシを渡され、疑うこともなく購入してしまいました。
一年分で2万円くらいだったと思います。
業者が帰った後、すぐにフィルター設置し、言われた通りぴったりのサイズだったので「これで安心!」と喜んでいたんですが。。

数日後ポストに、「許可なく管理会社を名乗って換気扇のフィルターを販売する業者がいるようです。管理会社から商品の販売を依頼するようなことは一切ありませんので、購入しないようご注意下さい。」といったお知らせが入っていました。
そこで私は初めて詐欺に騙されたと気が付いて体中の力が抜けてしまいました。
袋は開封したし、フィルターも設置してしまったので今から返品も出来ないだろうなぁーと、大きな袋の前で途方に暮れました。

結局フィルターは始めの1枚を付けたきり。
自身の都合で1年でそのマンションを退去することになり、もちろん換気扇が油で汚れていようともクリーニング代を請求されることもなく、ただ場所だけとっていた残りのフィルターは粗大ゴミで処分するはめになり、本当に自分が馬鹿すぎて悲しいです。

それ以来、見覚えの無い訪問者が来た時は一方的にインターホンを切ります。
本当に必要だったら改めて来るだろうし、しつこいようなら管理会社に電話で確認するようにしています。

いかに安く電化製品を購入する事ができるか。

冷蔵庫と洗濯機とパソコン電化製品を購入する際、みなさんは下調べをしているでしょうか?
電化製品は値引きをしてくれるお店がほとんどなので、気に入った物があれば近くの店員に声をかけ相談してみると良いと思います。

私はまず1件電気屋を見に行き、欲しい物の型番と金額をチェック、その後ネットショッピングでの金額と比較します。
その時ポイントが付くお店や持っているカードでの値引き、送料なども一緒にチェックします。
そこまでできたらもう1件電気屋を見に行きます。
3つのお店を比較し1番安い所で購入するようにしています。
もし電気屋で購入するのであれば、「あちらのお店は○円でした」と伝えると金額を下げてくれる可能性が大きいです。
ただネットでの金額を提示しても下げてはくれないので注意が必要です。

またネットで調べる際、気をつけないといけないのが型番です。
正確に出ていれば問題ないのですが、安いお店では記載がなく、画像も少ししか載っていない場合があります。
口コミを見て評価の良いものは信用性が高いと思われますので、その点は注意するポイントです。。

今ではフリマアプリも多く出ています。
新品をとても安く売っていたり、綺麗な状態で出されている方もいます。
本当に安く購入したいのであれば、世間に出回っているものをいろんな方向から調べるのが良いと思います。

今からでもできる!?へそくりの貯め方

通帳のイラスト私のように手取り15万円未満でも、日頃の積み重ねでへそくりを作る事が出来ます。
まず、いつも利用する銀行口座とは別に、新たに口座を作ります。
(ペイオフ対策で、メインの口座とは別の銀行の方が望ましいです。)
これが、へそくり専用の口座になります。

また、へそくり用の口座の通帳やカード類は、メインの方とは別の場所に保管した方が良いでしょう。
へそくりといっても、色々な所から収入が入りますよね。
例えば、お小遣いの余った分をへそくりに回したり、ネットオークションや、CDやDVDを下取りしたり、あるいは在宅ワーク等で副業している方もいると思います。

私は本業の給料とは別に入る収入分は、へそくりとして、無駄遣い防止も兼ねて専用口座の方に入れるようにしています。
でも「毎月○○円貯めよう!」と無理するより「今日は1,000円台だけど」「今月は5,000円貯まった!」と、その都度まとまった金額を口座に入れるのがコツだと思います。

へそくり用口座は貯める専用の口座として、普段は使わないようにするのも重要です。
この方法でおよそ5年程で35万円貯める事が出来ました。
(旅行費用で使用して多少の増減はありますが)
へそくりが貯まっても、すぐ使ってしまう人にはオススメの方法だと思います。

夫に節約を意識させ家族全体の節約に繋げる

コンセント家族に節約を意識してもらうのは長い時間を要しますが、癖付けてしまえばあとは簡単です。
私の場合は結婚前からの習慣付けの訓練です。

先ずは、日頃から自分の中でコンセントはその都度抜くよう心がけていました。
炊飯ジャーもたきおわったら抜きます。
ここで、ただ何もかも抜くのではなく、相手に見える箇所は必ず抜くことです。

結婚前に遊びにきているときから、抜くことを口で言うのではなく抜いている姿を見せます。
目に付く場所だと抜くんだ?と相手が暫くすると気付き始めます。
それで、この家での暗黙の了解でコンセントは使い終わった家電製品で見える範囲は抜くということが自然に身に付いていきます。
抜いてないときはこちらから抜きます。

身に付いてしまえば、節約と意識しなくても電気を消したり無駄に夜遅くまで照明をつけることもありません。

暑さも同じです。クーラーに慣れてしまえば、ついついスイッチを押してしまいます。
なので、多少の暑さでは扇風機と窓の風でしのげるように癖をつけるのです。

夫婦で節約の癖をつけていると子供も自然と真似します。
いずれは家族全体の良い節約癖になります。
かといって、誰も節約しているという意識はさほどありません。
よい癖を身につけてしまえばこちらのものです。

クレジットカードの枚数について

カードが何枚も入った財布今年の4月に財布を落としたことで、クレジットカードを見直すきっかけになりました。
当時、6枚所持していました。
ポイントが付いたクレジットカード、銀行の付き合いで加入したクレジットカード、初めて作ったクレジットカード、ローンを組んだら勝手出来たカードと、枚数がどんどん増えていきました。
いつの間にか管理も大変になり、ポイントもまばらに貯まるので、使い勝手が悪いものの見直すのも面倒でそのままでした。

いざ失くして一番困ったのは、紛失届の作業。
連絡先を調べて、電話をかけて使用をストップするだけで30分も時間がかかりました。
そのあと書留でカードが届き、再発行手続き料がかかったりと、クレジットカードをたくさん持っていたことを反省。

このこともあり、利用する枚数や使いやすさを見直すきっかけとなりました。
現在は、利用枠の多い2枚を主に利用しています。
そのため、使った内容が管理しやすく、ポイントも2か所に集約出来ました。

枚数が増えた当時は、付き合いやポイントがつくならと契約をしていきましたが、本当に管理が大変です。
引き落とし日が違うので明細の郵便到着日もバラバラで、毎日のように封筒確認が必要となり、日常の時間の使い方にも無駄がありました。

クレジット会社別にキャンペーンを行っていますが、たくさん持っているからといって、利用することもあまりしません。
ホームページ経由からの買い物をしたらポイントがたくさん付くからといって、日常の忙しい時間にそんな手間なことしません。
クレジットカードを持つ一番のメリットとはと考えたとき、契約当初の生活と変わってきているので、
今の生活にあったクレジットカードを持つことが一番だと思います。

私が今一番特に感じているのは、ドコモのクレジットカードです。
ゴールドにすることによって、利用した携帯料金のポイントの倍率がいいことと、よく利用するローソンでポイントが付くことです。
そのポイントで、携帯で買い物をしたり、電子書籍を購入したりと利用の幅が広がっています。

財布を紛失をしたことは痛手でしたが、クレジットの見直しが出来たことは私にとっては有意義なことでした。
これからも、自分の生活にあったクレジットの利用を考えていきたいと思います。