ネットでお小遣い稼ぎ、振り込みはネット銀行へ

お金のことを考える人私は学生の頃からネットでコツコツお小遣い稼ぎをしています。
最近はネットでアンケート回答や記事の執筆などをするのが主で、その他にお小遣いサイト(「モッピー」など)やアンケートサイト(「リサーチパネル」「楽天リサーチ」「キューモニター」など)、出会い系サイト(「ハッピメール」)など、10個くらい登録しています。
報酬は月に大体2~3万円ほどでしょうか。

決して多くはありませんし、外で働くほどは稼げないのですが、どんどんポイントが貯まっていくのが楽しいんですよね。
そして、気づいた時には数万円の報酬になっていて、換金するときわくわくします!
1日の空いた時間で数時間活動するだけで、気づいた時に数万円ゲットできるのは嬉しいです。

そして、この報酬をへそくりにする方法ですが、普段の給料振り込み用口座とは別にしています。
ネット銀行で自分だけ管理する口座をこっそりつくり、報酬の振込み先にしているのです。
ネット銀行は通帳がなく、ネットでアクセスして管理するので家族にはバレずらいと思います。

ポイントサイト、アンケートサイトは多くの交換方法に対応しているし、複数のポイントサイトからの報酬を1箇所に集めることができるサイト(「pex」や「point exchange」など)もあるので、対応している場合はまとめたほうが振り込み手数料がお得だと思います。
私のおすすめは、住信SBIネット銀行です。
他行への振り込みも規定により月に数回無料で、セブン銀行やイオン銀行、ゆうちょ銀行のATMでは手数料無料で引き出し、預け入れができます。
お仕事や家事の合間に、好きなだけ活動できるネットでお小遣い稼ぎはおすすめです!

私のこだわり家計簿とお金の使い方について。

ピンクの電卓夫婦二人暮らしで共働きで、二人の給与は30万程。
分譲マンションの月々の返済は10万、お小遣いは二人で3万5000円、食費は4万円、生活費は1万5000円程度。
さらに保険料は4万円程、水道光熱費が4万円、車のローンが2万。

結構ぎりぎりで生活をしていますが、予定外の支出もしばしばあります。
そんな時は給与では賄えないので、私の来月の収入を少し増やす(パートなので一日でも多く働く)などして家計を助けるように心がけています。
それでも賄いきれない分は来年度の予算に組み込んで、月々お金を戻す形で工面をしています。

本当に家計がぎりぎりで悲しくなることもありますが、きちんとエクセルシートに月ごとに収支を計上して、翌月も引継ができるように自分なりに作った手作り家計簿で、毎月マイナスにならないような家計でやり過ごすことができています。
こんなどんぶり勘定の私でも、独自のエクセルシートで作った家計簿を作り始めた2013年は10万円の貯金ができ、2014年は30万円貯金ができました。

2015年は40万円貯金し、2016年は60万円貯金でき年々貯金の額も増えてきているので、最近は貯金が楽しくなりました。
どうすれば節約できるか等も考えられるようになって、いまでは口座の貯蓄額をみるのが楽しみになりました。
今年は70万を貯金を目標に、老後に備える為の資金を貯められるよう頑張りたいと思います。

いつか来る可能性のある結婚後の出来事に備えて

ピンクの豚の貯金箱私が貯金をしている目的は、将来的に結婚をしたときに配偶者のお金ではなく、すぐに使える自分のお金が必要だと考えたからです。
DVや離婚などで家を急に出ないといけなくなってしまった場合、急病でお金が必要となった場合などに、何も考えずに自由に使えるお金が必要だと思いました。
使う必要がなければいつまででも貯金しておけばいいだけの話です。

現在私は独身ではありますが、結婚するまでに300万円貯金をするという目標を立てています。
あと2~3年以内には結婚したいなと思っているところですので、貯金も2~3年以内に達成できたらなと思っています。

私は貯金は好きなのですが、少しお金があると調子に乗って使ってしまうところがあるので、定期貯金とある程度出し入れ自由な貯金用通帳を作ってて貯金をしています。
マイルールで定期貯金には絶対に手を付けない、と決めているので2つに分けました。

社会人になったころの1回目の給料から定期で毎月引き落とすようにしています。
ボーナスが出た時や生活費が余った時は、定期とは別の貯金用口座に移し、基本的には使わないようにしています。
ただ、ちょっと金欠気味のときは貯金用口座から引き出したりといった方法をとっています。
定期貯金にすることで必ず一定額の貯金がされるので、知らない間にたまってるという感覚ですね。

今からでもできる!?へそくりの貯め方

通帳のイラスト私のように手取り15万円未満でも、日頃の積み重ねでへそくりを作る事が出来ます。
まず、いつも利用する銀行口座とは別に、新たに口座を作ります。
(ペイオフ対策で、メインの口座とは別の銀行の方が望ましいです。)
これが、へそくり専用の口座になります。

また、へそくり用の口座の通帳やカード類は、メインの方とは別の場所に保管した方が良いでしょう。
へそくりといっても、色々な所から収入が入りますよね。
例えば、お小遣いの余った分をへそくりに回したり、ネットオークションや、CDやDVDを下取りしたり、あるいは在宅ワーク等で副業している方もいると思います。

私は本業の給料とは別に入る収入分は、へそくりとして、無駄遣い防止も兼ねて専用口座の方に入れるようにしています。
でも「毎月○○円貯めよう!」と無理するより「今日は1,000円台だけど」「今月は5,000円貯まった!」と、その都度まとまった金額を口座に入れるのがコツだと思います。

へそくり用口座は貯める専用の口座として、普段は使わないようにするのも重要です。
この方法でおよそ5年程で35万円貯める事が出来ました。
(旅行費用で使用して多少の増減はありますが)
へそくりが貯まっても、すぐ使ってしまう人にはオススメの方法だと思います。

子供の急な進学、路線変更で大慌て

入学式の看板子供が工業高校から就職する予定で先生もまだ、焦らなくても大丈夫ですと言ってくれて就職できると安心しきっていました。
ところがなかなか決まらず、進学するのも一つの道ですね、と急に言われ、まったく思っていなかった事にビックリしました。

貯金もなかったのでそこからは大慌てです。
バタバタで専門学校に進むことになり12月には願書提出すぐ入試試験と追われ、何とか試験は合格しましたがすぐ入学手続きです。
入学金や学納金、教科書、教材費、諸雑費、全然たりなくて専門学校も結構高いんだと驚きました。

1年次は国のローンで150万借りましたが、2年次は貯金をして何とかがんばりました。
一括納入でしたのでまとまったお金が必要で本当に大変でした。

3万円を3年半かけての返済にしました。
でも専門学校の経験が活かせて、子供も無事に大型車の会社でよい所が決まりました。
本人はトラックより普通車に行きたかったようですが。

貯金がなくて情けないかったですが、ほんとに国のローンには助けてもらいました。
それ以来、急な出費に備えて少しずつでも貯金するようにしています。
本当にいつ何が起きるかわからないので、お金はためないといけないと痛感しました。