医療保険はスタンダードなもので

ライフプランのイメージつい最近まで保険について全く知識もなく、医療保険と生命保険の違いも分かっていないまま「とりあえず共済くらいは入っておきなさい」と親が言うので、生協の共済に加入していました。
共済が一体なんなのか?も特に気にせず、結婚後も「とりあえず」旦那さんも共済に加入させていたのですが…(旦那さんも全く興味がない様子)。

先日、自動車保険の保険の見直しのために、某ほけんの比較サービス窓口会社さんへ行ってきたのをきっかけに、医療保険と生命保険についても見直すことにしました。
保険については本当に初心者でしたので、まずは医療保険・生命保険のそれぞれの種類や内容を教えてくださいました。
私自身、生命保険に定期保険・終身保険・養老保険と幾つか種類があることも知らず…。
CMで耳にしたことはあったのですが、興味を持って勉強しないと理解できないものですね。

色々とお話を聞き、とりあえず医療保険にプラスのオプションで先進医療などの特約を付けた方が良いが、医療保険は日額5000円もあれば十分だから、あとは生命保険を追加したほうがいい、との結論に至りました。
確かに、旦那さんが死んでしまった後に「生活していくのにいくら必要か?」なんて試算したこともありませんでした。
医療保険から下りる死亡保険金を差し引いた金額分の生命保険の加入を検討しました。

今後の家族計画(子供は何人ほしいか?家は買うか?)などの予定をもとに、必要な金額を計算し、シュミレーションしたところ、終身保険では月額の掛け金が結構なものに。
私の場合、もし旦那さんが亡くなった時は、実家に帰って働くつもりをしているので、家賃は不要ですし収入も15~20万くらいはあるだろうと想定。
遺族年金や、母子家庭の補助などもあるだろうということも踏まえ、満期の返納金は捨てがたいですが、その分毎月の負担が増えるならば、少しずつ定期預金などで積み立てるのもありだなと思い、定期保険で絞って探すことにしました。
保険会社によっては、定期保険と終身保険を足して2で割ったようなプランもある、とのことです。
「保険は家の次に大きな買い物」と謳われるくらいですから、やはりこういったものはプロに相談するのが一番ですね!

一枚のハガキで発覚した旦那の秘密

空の財布を持って困っている女性結婚してから4年目一枚のハガキで夫の秘密を知りました。ハガキの内容は借金催促でした。
夫に問い詰めると借金をしていることが分かりました。
正社員の旦那は簡単に借金ができることをいいことに。
金融会社から4社借金をしていて借金理由がパチンコのためとのこと。

今じゃ生活がまともにできません。
子供に申し訳ない気持ちと旦那に対しての怒り、悲しみがあり育児に家事に追われる日々、正直辛いです。
借金するときには計画的に使うべきです。
借金のせいで子供の前で何度も喧嘩をしたことがあります。
借金のせいで余裕な行動ができない些細なことで娘に怒鳴ってしまう自分がたまらなく嫌です。

生活するので精一杯で買い物したりオモチャを買ってあげられないのが本当に辛いことです。
一度借金してしまえばおしまいです。
金額が多ければ多いほど生活が出来なくなります。
まだ借金してない人はこれからも手を出さず家族のために自分の生活のためにお金を使ってください。

お金の使い方次第で破滅するし、幸せな生活ができます。
お金をどう思うかで生活が変わってくるかと思います。
子供がいて多額の借金を簡単にしてしまった旦那のことを許すことができずに困っています。

保険料はアップでも自動車保険の見落としに気付いた

追突事故のイラスト自動車の保険更新にあたり、保険の窓口を初めて利用しました。
保険の勧誘も怖かったけれど、ネットでの保険更新はなんだか意味がわからないことが多く不安だった為、やや緊張しながら訪問してみました。
事前に予約して行ったので待つこともなくスムーズに案内されました。
応対してくれたのは男性の方で尻込みしそうでしたが、丁寧な対応にすぐに緊張がほぐれました。

窓口ではまず、現在の保険加入状況を確認後、どういう状況で車を利用しているか細かくリサーチされました。
何社かの保険会社の紹介の際に、メリット・デメリットを用紙に記載してくれながら説明をしてもらいネットで理解できなかった保険のしくみがよく理解できました。

そんな中で、一番 驚いたのが車の利用についてでした。
現在、パート勤めをしていますが今まで、レジャー目的で車の保険に加入していましたが、月の半分以上が通勤に使う場合は使用目的を通勤にしなくてはいけないことを初めて知りました。
もしかして一般常識だったのでしょうか。

パート勤めの主婦の多くは夫の車は通勤として理解していますが、自分の車は買い物にしかほとんど利用しないという認識から保険料の安いレジャー目的で契約してしまそうです。
実際に私自身もそうでした。

ところが万が一の場合、パート勤務への出勤途中で大きな人身事故などを起こしてしまった時など場合によっては保険適用外の判断がおりることもあるそうです。
大袈裟ですよねと思わず確認してしまいましたが、小さな物損事故などではそこまで追求しないことが多いので見落としがち、ですが被害者が大きな損害を受けるような事故の場合は保険料も多額になるために、調査がはいることも稀にあるそうであながち大袈裟ということでもないそうです。

それでも高い保険料にアップされて騙されてない??と思わなくないとはいえ、もしも自分が大きな事故の加害者になってしまったら、その時に保険が適用されなかったらと思うと初めて教えてもらえたことに感謝しました。

以前の保険会社の人は、対応は親切で不満はありませんでしたが「昨年と同じ条件でいいですか」との確認のみでここまで細かな状況を確認されたことはありませんでした。
常識だと言われれば、私が無知なだけですが、本当に勉強になりました。
保険料はアップしてしまいましたが、満足のいくアップになりました。

カードの限度額を超えた時

クレジットカード表と裏つい買い物をしすぎて、カードの限度額を超えてしまった・・・。
なんてことも誰もが一度や二度はあると思います。
そんな時に一番どうにかしなくてはいけないのが、カードから引き落としにしている支払いの確認です。

水道光熱費や携帯電話料金など、カードの引き落としで支払いをできるようにしている人も多いと思います。
カードの限度額を超えてしまうと、この毎月カード払いにしている支払いも全部できなくなってしまう可能性があるのですぐにカード会社に確認の連絡をしましょう。
カード会社にもよりますが、家賃や公共料金など毎月必ず支払っているものに関しては多少なら限度額を超えていてもそのまま引き落とししてくれるカード会社もあるそうです。
しかし自分が利用しているカード会社もそうであるとは限りませんので、カード会社の連絡は必ずしましょう。

電話で連絡をすると、今後どうするかの説明があります。
増額してくれる場合もあれば、今回だけはそのまま引落してくれるのか。
振込での支払いを支持される場合もあります。

どんな方法を支持されたにしても、カードの限度額を超えてしまったというのはよくあることです。
事前にちゃんと連絡をして、支払いをきちんとすれば信用情報にもなんの問題もありませんのでそんなに心配する必要はありませんので安心してください。
次回からは、衝動でカードを使ってしまわずによく考えて計画的に利用しましょう。

キャッシングの返済、一括でしたい時はどうすれば?

大量の一万円札の写真お金に余裕があるとき、キャッシングを一括で返してしまいたいと考えると思います。
でも今は毎月分割で支払っているし、全額一括で支払ってしまいたい時はどうすればいいのか?
と疑問に思うかもしれません。

消費者金融の場合だと、毎月返済している金額の他にもコンビニなどでいつでも返済が可能になっています。
それでも一括で残りの金額をぴったり支払うことは難しいので、各会社の専用のATMで全額支払うことができます。
コンビニなどのATMだとお釣りが出てこないので、一括に近い金額までしか支払うことができません。
会社専用のATMだと、しっかりお釣りも出してくれるのできっちり一括で支払うことが可能です。

専用のATMでなくても、一括返済は可能です。
各会社の営業窓口で直接支払うこともできます。
また、お客様センターに電話で連絡をして残りのキャッシングを一括返済したいということを伝えればそのように手続きしてくれるので電話で連絡しても大丈夫です。

ただその時に忘れがちになってしまうのが、利息分です。
なんだか借りたお金よりも返す金額が多いような・・・と思ったときは、利息が含まれているからです。
返済する日までの利息が計算されて含まれているので、金額の確認を忘れないようにしましょう。
一括返済に必要な金額については、インターネットで自分の利用しているキャッシング会社のマイページで確認が出来たり、キャッシング会社に電話で連絡すれば教えてもらえるので事前に確認しておけば安心です。

借金の相談、親にできない時は?

仲の良さそうな老夫婦のイラスト
もしも借金に悩んだら、一体誰に相談すればいいんだろう?
友達や親、会社の同僚や先輩など誰を思い浮かべますか?

知っている人には誰にも言いたくない、相談するなら全く知らない人がいいという方や、借金なんて自分の責任なんだからと一人で何とかするんだという方もいるかと思いますがまず最初に相談できる人と言えばやはり親です。
親は自分のことを一番よくわかってくれている、経済的にも年齢的にも安定しているので頼りになる存在です。
借金の相談は、できるのであれば親にまず相談するべきです。
親というものは子供が思うよりも、子供を大切に思ってくれています。
子供が困っていれば助けになってくれる、そんな存在です。

しかし、既に他界してしまっている、親が経済的に余裕がないので相談できない、性格的に合わない罵倒されるだけだと明らかな場合など相談できない場合もあるかと思います。
友達など、誰にも相談できないしたくないという場合は国民生活センターに相談してみてください。

借金の悩みは、一人で抱え込んではいけません。
例え直接的に借金がなくなるわけではなくても、誰かに相談すれば気持ちが楽になります。
一人で抱え込んでいるといつもはきちんと判断できることもできなくなって、ヤミ金に手を出してしまったりマイナスな考えばかりになってしまいます。

借金問題は、必ず解決できます。
一人で悩んでいるのなら、必ず誰かに相談してください。
あなたの力になってくれる人は必ずいます。