しまむらで安く結婚式のグッズをゲット!

マイホームのイメージ社会人になって初めて友人の結婚式に招待されました。
結婚式に必要な洋服など一切持っていなかったので、これを機にワンピース、靴、バックを揃えようと思ったのですが、近くの百貨店に行ったところ想像以上の金額になってしまうことが分かり驚きました。

ワンピースは上着を変えれば様々な場面で使えるので多少高くても良かったのですが、結婚式に持って行くようなデザインのクラッチバックは、普段使いも出来ないのに1~2万も掛けて購入するのは勿体ない。
とにかく安いのはないかネット等でも探してみました。
ネットでは大体5000~6000円で可愛いものがあったので、実際に手にとって見れないのは不安でしたがレビューを見て決めようかなと考えていました。

そんなとき、仕事用のブラウスを安く買うために行った地元のファッションセンターしまむらで、何気にバックコーナーを見に行くと、なんと結婚式用のクラッチバックが並んでいるのに気づいたのです。
種類はそんなに多くは無かったのですが、どれも3000円しない額のものばかりで、デザインも落ち着いたものではありましたが、決して安っぽくなかったので即購入しました。

ついでに靴も綺麗なビジュー付きのパンプスが1990円であったので一緒に購入しています。結婚式用の靴とバックあわせて5000円以内で収まり本当にラッキーでした。
この値段ならもう一つ買って使い回すことも出来ます。
結婚式はただでさえお金がかかる行事なので、削れるところは削ってもかまわないと思いますし、その分お祝いの品に回せるので今後も活用していきます!

キャンペーンにつられてiPadを衝動買い

タブレット端末スマホの調子が悪く携帯ショップで見てもらいに行ったところ、iPadをお勧めされました。
家にはパソコンもありスマートフォンを使用していたのでiPadは必要ないと思い、最初は買う予定もなくお断りするつもりでした。
ですが今だけの期間限定のキャンペーン中で安くなっていて月々の支払いも今のスマートフォンの月料金からほとんど増えないプランがあるとの説明。
そんなに購入代金も掛からないし月の支払いが増えないのであればあっても困らないものなので、もしかしてお得かもしれないと思い買ってしまいました。

画面が大きいので動画なども見やすく使いやすかったので買って良かったとも思います。
しかし子供がアプリや動画を見るのに使用していて家の中で遊ぶ時間が増えてしまい、どこでも持ち歩いては動画を見ているようになり失敗したなと思っています。
なかにはあまり見てほしくない動画もあるので制約はつけていますが、ゲーム以外にも画面を見る時間が増えてしまいました。
目が悪くなったり、勉強時間が減ってしまったりしないようにとして注意する回数も増えてしまい衝動買いではなくきちんといい面と悪い面を検討して、子供と話し合って約束ごとを決めてから買っても良かったのかなと思います。

気軽に借りれるお金の怖さ、利息の重さ。

銀行のATM以前、バイト程度でスナックに勤めていた時、後輩の女の子から携帯の契約を代理でしてほしいと頼まれました。
まだ振り込め詐欺などが流行る以前だったのと、お酒も入っており、支払は給料日に直接払うとの約束で了解していました。
仕事ではほぼ毎日一緒のうえ、携帯を契約してから2~3カ月までは、請求分+手数料としてきちんと頂いていました。
ですが急遽この子がお店を辞めてしまい、携帯料金の支払いの連絡をしても「来週払います」といつせもはぐらかされて、3カ月目で解約しました。

その頃はバイト代は遊ぶためだけのもので、貯金するという考えがなかったので、解約する際に今までの未払い分約10万円を支払うことができず、消費者金融からお金を借りました。
自動審査のうえ、身分証明書だけで30万円もの借入が簡単にできる消費者金融に驚き、同時に返済も月々5,000円からとお得に感じてしまいました。
そして利息など微々たるものだと思い、その後も返済しては借り、返済しては借りを繰り返し、借入金額限度まで借金し返済になんと5年もかかってしまいました。

その当時はまだグレーゾーン金利だったため、借入金額以上の利息を支払ったことになります。
いくら簡単な手続きとはいえ、稼いだ金ではなく、借りた金。
いつかは返さなくてはならないお金。
今遊ぶお金が欲しくて借りたお金は、後々利息がついて返済する頃には大金となっています。
頭ではわかっていても、いざ借りてみると、まるで自分のお金の用にコンビニのATMからも引き出しができます。
これがマチ金だったらと思うと多分返済できていない気がします。

きっかけはどうあれ、一度お金を借りる甘さを知り、お金の怖さを知った良いような、悪いような経験でした。
ちなみに未だに後輩の女の子とは連絡が取れません。

海外旅行での買い物は後で困ることもある

メロンパン結婚する前にハワイ旅行に行きほしいものはすべて購入する買い物三昧.
そのころはカードで買い物をすることも少なく海外だったこともあり、ほぼ全額現金で支払いました。
約60万円ほどは使ったと思いますが自分が欲しいものをほとんど購入することができ、日本よりも格安だったので大満足の旅行でした。
実家暮らしではありましたが、昼食や友達との夕食はもちろん自分で支払っていました。
ハワイ旅行の後は貯金もほぼ使い切っていて給料日まで手持ちがほとんど残っていない状態でした。

親にお金を借りることも考えましたが、自分の買い物でお金を使い切ってしまったので言い出せず、できることからやってみようと思いました。
仕事に行くときはお茶を持っていき、昼食はコンビニのパン1個か社食で一番安いうどんを毎日食べ続けました。
友達との食事はすべて断り、社食のうどんに飽きたら安いハンバーガーを買いに行くなどして何とかしのぎました。

実際一日仕事をする中でパン1個はかなりきつかったので、これ以降は海外旅行に行っても買いすぎないように気を付けるようにしました。
今は結婚して自由に使えるお金も昔よりも少ないですが不要な物は買わない、本当に必要かどうかなどを考えてから買い物をするようになったのはお金がなくて昼食にも困った時期があったからだと思っています。

自分の落ち度とはいえ、痛い出費でした…

飛行機私が就活をしていた頃、どうしても東京で働きたくわざわざ北海道から東京まで、毎週のように通いつめていた時期がありました。
しかし就活と言っても、だいたい企業を1,2社回っても時間が余ります。
それに、せっかく東京まで来たのに就活だけで終わるのが嫌だったので、余った時間は関東にいる友人を誘って遊んでいました。

ある日も就活を終え、友人との予定を入れ、遊んでいました。
私は、その日に飛行機で北海道へ戻る予定だったので、飛行機の時間をざっくり覚えていました。
覚えていた、つもりでした。

友人と飲み、ゲームセンターで遊び、ふと飛行機の時間を再度確認したら、自分で記憶していた時間と1時間ほど違うことに気付きました。
それは遊んでいた場所からでは、離陸時間に到底間に合うような時間ではありませんでした。
友人にはその旨を伝えお別れし、電車の時間を調べましたがやはりギリギリ間に合わなさそう…。
タクシーはどうか、と調べたところ、ギリギリ間に合いそう…!

思い切ってタクシーに乗ることにしました。
タクシーに乗っていた時間はおよそ1時間で、かかったお金は7000円ほどでした。
元々、何かあったときのために予備としてとっていたお金ではありましたが、学生の私には痛い出費でした。

タクシーを降り、走って空港内の受付まで行きましたが、ギリギリ間に合わず…。受付の方の計らいで、次の便に元々購入していた航空券で乗せていただけることになったことだけが救いでした。
自分の確認不足とはえい、タクシーでの予想外の出費、時間通りの飛行機には乗れず、散々な日でした。

弟がデキ婚で予想外の出費に

天使のイラスト弟は中学の頃から荒れていて、思春期の頃によくいる不良のような奴でした。
高校に入っても特に改善はされず、何度か自宅謹慎や停学をしつつなんとか卒業まではこぎ着けました。
そのまま就職しましたが、グレだす前から好きだったらしい車関係の会社に、就職しては辞めて就職しては辞めてを繰り返しているとのことでした。

私は弟がグレ出す前に家を半ば出ていて、そのまま少し離れたところで一人暮らしを始めてしまったので母などからそれとなく話を聞かされているだけでした。
母から聞いた話ではそこそこモテてはいるものの、すぐに会社を辞めるためそれほど稼ぎは無さそうで、結婚はまだまだ無いだろうと思っていた矢先のことでした。

弟から珍しく電話が掛かってきて、第一声で「来月結婚するわ」と言われて驚きつつ、いきなりどうしたのかを聞くと、今付き合っていた子との間に子供が出来たからということでした。
まさか身内からでき婚する人が出てくるとは思わず「お、おう」と生返事を返しているうちに電話を終えたのを今でも覚えています。

ご祝儀や生まれてくる子供へのプレゼントなどにかかる費用など、思ってもみなかった予想外の出費でしたが、嬉しそうな弟の表情をみていてちょっと安心しました。