理由を説明して家族に協力してもらう。

省エネのイメージ我が家では、子供たちのための節約を家族全員でしています。
我が家には、年子の息子が2人います。
そのほかに室内犬も2匹。
犬も人間と同じで、いつ病気になるか分からないので、保険に入ったりしていますし、子供が4人いるような感覚です。
我が家は、年収もそんなにない平凡なサラリーマン家庭なので、子供2人を大学まで行かせて、卒業させるとなると、優雅な暮らしはとてもできない状況です。

でも息子2人とも大学に行きたがっています。
特に上の子のほうは、勉強もそれなりに頑張っていて、学年順位も毎回上げようと、自分なりに頑張っています。
なので親としては、頑張って働いて節約して、なんとか子供の希望に添えるようにしたいと思っています。

しかし夫婦だけで節約は不可能なので、我が家の家計を説明し、節約しなくてはいけない理由を話して、理解してもらったうえで、子供たちにも協力してもらっています。
息子たちにも暖房も極力使わないで済むように重ね着をしてもらったり、お風呂も間を開けると冷めてしまうので、出たら次の人がすぐに入る、使っていない電気はすぐに消す、など、面倒なことも協力してもらっています。

水道代・ガス代・電気代などの紙は、ダイニングテーブルに置いて、みんなが見えるように常にしています。
節約している成果が数字で見て分かれば、子供でも、あの時は面倒だったけど節約できて良かった、と思ってくれます。
これからも目標に向けて、家族みんなで節約を頑張っていこうと思っています。