医療保険はスタンダードなもので

ライフプランのイメージつい最近まで保険について全く知識もなく、医療保険と生命保険の違いも分かっていないまま「とりあえず共済くらいは入っておきなさい」と親が言うので、生協の共済に加入していました。
共済が一体なんなのか?も特に気にせず、結婚後も「とりあえず」旦那さんも共済に加入させていたのですが…(旦那さんも全く興味がない様子)。

先日、自動車保険の保険の見直しのために、某ほけんの比較サービス窓口会社さんへ行ってきたのをきっかけに、医療保険と生命保険についても見直すことにしました。
保険については本当に初心者でしたので、まずは医療保険・生命保険のそれぞれの種類や内容を教えてくださいました。
私自身、生命保険に定期保険・終身保険・養老保険と幾つか種類があることも知らず…。
CMで耳にしたことはあったのですが、興味を持って勉強しないと理解できないものですね。

色々とお話を聞き、とりあえず医療保険にプラスのオプションで先進医療などの特約を付けた方が良いが、医療保険は日額5000円もあれば十分だから、あとは生命保険を追加したほうがいい、との結論に至りました。
確かに、旦那さんが死んでしまった後に「生活していくのにいくら必要か?」なんて試算したこともありませんでした。
医療保険から下りる死亡保険金を差し引いた金額分の生命保険の加入を検討しました。

今後の家族計画(子供は何人ほしいか?家は買うか?)などの予定をもとに、必要な金額を計算し、シュミレーションしたところ、終身保険では月額の掛け金が結構なものに。
私の場合、もし旦那さんが亡くなった時は、実家に帰って働くつもりをしているので、家賃は不要ですし収入も15~20万くらいはあるだろうと想定。
遺族年金や、母子家庭の補助などもあるだろうということも踏まえ、満期の返納金は捨てがたいですが、その分毎月の負担が増えるならば、少しずつ定期預金などで積み立てるのもありだなと思い、定期保険で絞って探すことにしました。
保険会社によっては、定期保険と終身保険を足して2で割ったようなプランもある、とのことです。
「保険は家の次に大きな買い物」と謳われるくらいですから、やはりこういったものはプロに相談するのが一番ですね!