キャンペーンにつられてiPadを衝動買い

タブレット端末スマホの調子が悪く携帯ショップで見てもらいに行ったところ、iPadをお勧めされました。
家にはパソコンもありスマートフォンを使用していたのでiPadは必要ないと思い、最初は買う予定もなくお断りするつもりでした。
ですが今だけの期間限定のキャンペーン中で安くなっていて月々の支払いも今のスマートフォンの月料金からほとんど増えないプランがあるとの説明。
そんなに購入代金も掛からないし月の支払いが増えないのであればあっても困らないものなので、もしかしてお得かもしれないと思い買ってしまいました。

画面が大きいので動画なども見やすく使いやすかったので買って良かったとも思います。
しかし子供がアプリや動画を見るのに使用していて家の中で遊ぶ時間が増えてしまい、どこでも持ち歩いては動画を見ているようになり失敗したなと思っています。
なかにはあまり見てほしくない動画もあるので制約はつけていますが、ゲーム以外にも画面を見る時間が増えてしまいました。
目が悪くなったり、勉強時間が減ってしまったりしないようにとして注意する回数も増えてしまい衝動買いではなくきちんといい面と悪い面を検討して、子供と話し合って約束ごとを決めてから買っても良かったのかなと思います。

ネットでお小遣い稼ぎ、振り込みはネット銀行へ

お金のことを考える人私は学生の頃からネットでコツコツお小遣い稼ぎをしています。
最近はネットでアンケート回答や記事の執筆などをするのが主で、その他にお小遣いサイト(「モッピー」など)やアンケートサイト(「リサーチパネル」「楽天リサーチ」「キューモニター」など)、出会い系サイト(「ハッピメール」)など、10個くらい登録しています。
報酬は月に大体2~3万円ほどでしょうか。

決して多くはありませんし、外で働くほどは稼げないのですが、どんどんポイントが貯まっていくのが楽しいんですよね。
そして、気づいた時には数万円の報酬になっていて、換金するときわくわくします!
1日の空いた時間で数時間活動するだけで、気づいた時に数万円ゲットできるのは嬉しいです。

そして、この報酬をへそくりにする方法ですが、普段の給料振り込み用口座とは別にしています。
ネット銀行で自分だけ管理する口座をこっそりつくり、報酬の振込み先にしているのです。
ネット銀行は通帳がなく、ネットでアクセスして管理するので家族にはバレずらいと思います。

ポイントサイト、アンケートサイトは多くの交換方法に対応しているし、複数のポイントサイトからの報酬を1箇所に集めることができるサイト(「pex」や「point exchange」など)もあるので、対応している場合はまとめたほうが振り込み手数料がお得だと思います。
私のおすすめは、住信SBIネット銀行です。
他行への振り込みも規定により月に数回無料で、セブン銀行やイオン銀行、ゆうちょ銀行のATMでは手数料無料で引き出し、預け入れができます。
お仕事や家事の合間に、好きなだけ活動できるネットでお小遣い稼ぎはおすすめです!

お金をかけずに楽しくデートする方法

手作りのお弁当お金をかけずに楽しくデートする方法は、ゆったりのんびりと時間を過ごすことがポイントになると思います。
飲食物は遠足気分でお弁当を作っていったり、飲み物も水筒に入れて、お菓子なんかも持ち合わせて行くと時間を気にせず楽しめるのではないでしょうか。
お弁当を相手のために作っていくのも楽しいですが、オススメは行く前に2人でお弁当を作ることです。
共通の話題もできて、楽しみも一緒に過ごす時間も2倍になると思います。

何よりも2人で協力して作ることで、お互いの好みやお互いの知らなかったところに気付けるのがいいですね。
さらに時間を楽しみたいというならば、お菓子も手作りするのも良いですね。
食べるときは大好きな人と作ったという気持ちで、カフェなどで食べるより遥かに美味しく幸せを感じれます。

また、場所もお金のかからない公園や海、山を選ぶと良いでしょう。
春には桜の木の下で、初夏には海へ、暑い夏の日には山や川に行くことで季節を楽しめます。
2人の空間を作ることが出来るので、周りの人たちを気にすることなく過ごせます。
いつも以上に寄り添ってみるのもいいかもしれませんね。
時を忘れてゆっくり過ごせるので、いつもよりお互いのことを知る機会にもなります。
好きなことや嫌いなこと、趣味の話や、恋愛についてのんびりと語ってみてはいかがでしょうか。

お金持ちと思われるママ友のお家

ロボットのイラストこどもの幼稚園が同じで、よくお家に遊びにいかせてもらっているママ友のお家です。
お家は2階まである一戸建てで一見すると普通なんですが、家全体にひのきのような素人には分からないですが良い木材が使われており、すごく居心地が良いのです!
そして、キッチンには可動式の吊り戸棚があって、これを初めて見たときは大人ながらに興奮し、子どもたちにまるで自分の家のようにすごいでしょと自慢しました。

どうやらそのお家の祖父が議員らしく、薄々感づいてはいたのですが言われたのはお家に遊びに行くようになってから1年ぐらい経った頃です。
お家自体もそうですが、玩具や習い事にも金持ちっぽさが出てます。
あるヒーローものの玩具がたくさんあるんです!
ヒーローものの玩具って毎度毎度買わせるための戦略がすごいですが、全種類持っているぐらい買い与えているんです。
うちでは玩具は誕生日かクリスマスにしか買えないのに、そのお家では玩具売り場に行くたびに買ってるようです。

そして、極めつけはある習い事です。
ロボット教室なんですが、将来的にはプログラマーになれるように特訓していく教室です。
遊びに行ったときに作ったロボットを見せてもらい、うちの子はヤル気満々になりました。帰ってから調べたら目が飛び出ました。
入会金も初期費用も高く、月に2回しか教室がないのに月謝が1万円もするようです。
今の我が家ではそんなお金は出せません。子どもにも正直に打ち明け、諦めてもらいました。

それから卒園したこともあり、そのお家には遊びにいってないのですが、子どもも羨ましくなるからあまり行きたいと思わないそうです。
お金持ちかそうでないかで子ども同士にも影響が出るんだとなんだか悲しくなりました。

気軽に借りれるお金の怖さ、利息の重さ。

銀行のATM以前、バイト程度でスナックに勤めていた時、後輩の女の子から携帯の契約を代理でしてほしいと頼まれました。
まだ振り込め詐欺などが流行る以前だったのと、お酒も入っており、支払は給料日に直接払うとの約束で了解していました。
仕事ではほぼ毎日一緒のうえ、携帯を契約してから2~3カ月までは、請求分+手数料としてきちんと頂いていました。
ですが急遽この子がお店を辞めてしまい、携帯料金の支払いの連絡をしても「来週払います」といつせもはぐらかされて、3カ月目で解約しました。

その頃はバイト代は遊ぶためだけのもので、貯金するという考えがなかったので、解約する際に今までの未払い分約10万円を支払うことができず、消費者金融からお金を借りました。
自動審査のうえ、身分証明書だけで30万円もの借入が簡単にできる消費者金融に驚き、同時に返済も月々5,000円からとお得に感じてしまいました。
そして利息など微々たるものだと思い、その後も返済しては借り、返済しては借りを繰り返し、借入金額限度まで借金し返済になんと5年もかかってしまいました。

その当時はまだグレーゾーン金利だったため、借入金額以上の利息を支払ったことになります。
いくら簡単な手続きとはいえ、稼いだ金ではなく、借りた金。
いつかは返さなくてはならないお金。
今遊ぶお金が欲しくて借りたお金は、後々利息がついて返済する頃には大金となっています。
頭ではわかっていても、いざ借りてみると、まるで自分のお金の用にコンビニのATMからも引き出しができます。
これがマチ金だったらと思うと多分返済できていない気がします。

きっかけはどうあれ、一度お金を借りる甘さを知り、お金の怖さを知った良いような、悪いような経験でした。
ちなみに未だに後輩の女の子とは連絡が取れません。

子供服はまとめ売りが正解!

たくさんの子供服出産祝いやプレゼントなどで沢山子供の服を頂くと思います。
しかし実際は時期が合わなかったり、着ないうちにサイズアウトしてしまった服も多く、タンスの肥やしになっている服が多数ありました。
新品のものやタグ付きのものはそれなりの値段で問題なく売れますが、1回でも着た服は古着扱いになってしまします。
しかし子供の成長は驚くほど早く、どんどんサイズアップしてしまい1シーズン着ると大体の服は着れなくなってしまうものです。

ほぼ未使用に近いものから、数回しか着ていないもの、ヘビーローテーションだったものと様々ですが、とにかく服の量は増える一方で保管場所に困っていたのですが、捨てるにはまだ惜しいという古着が大量になってしまい、保管場所も限界だったのでフリマアプリを活用しました。
古着として売るには大した値段がつかなそうな服でも、まとめ売りにすることで一気に注目してもらえます。

自分もそうですが、お母さんは育ち盛りの子供に高級な洋服を1着買うよりも、多少お古でもいいので数が欲しいものです。
全ての方がそうとは限りませんが、実際私はそうでした。
特に保育園児などは毎日どこかしら汚してしまうものなので貴重な1着より、汚しても惜しげのない服が大量にあると嬉しいです。
なので、子供服はまとめ売りにして出品したところ、単品でバラバラ1着ずつ売るよりはるかに注目してもらえて効率も良く、更に思っていた以上の値段が付くという結果になりました。

海外旅行での買い物は後で困ることもある

メロンパン結婚する前にハワイ旅行に行きほしいものはすべて購入する買い物三昧.
そのころはカードで買い物をすることも少なく海外だったこともあり、ほぼ全額現金で支払いました。
約60万円ほどは使ったと思いますが自分が欲しいものをほとんど購入することができ、日本よりも格安だったので大満足の旅行でした。
実家暮らしではありましたが、昼食や友達との夕食はもちろん自分で支払っていました。
ハワイ旅行の後は貯金もほぼ使い切っていて給料日まで手持ちがほとんど残っていない状態でした。

親にお金を借りることも考えましたが、自分の買い物でお金を使い切ってしまったので言い出せず、できることからやってみようと思いました。
仕事に行くときはお茶を持っていき、昼食はコンビニのパン1個か社食で一番安いうどんを毎日食べ続けました。
友達との食事はすべて断り、社食のうどんに飽きたら安いハンバーガーを買いに行くなどして何とかしのぎました。

実際一日仕事をする中でパン1個はかなりきつかったので、これ以降は海外旅行に行っても買いすぎないように気を付けるようにしました。
今は結婚して自由に使えるお金も昔よりも少ないですが不要な物は買わない、本当に必要かどうかなどを考えてから買い物をするようになったのはお金がなくて昼食にも困った時期があったからだと思っています。

理由を説明して家族に協力してもらう。

省エネのイメージ我が家では、子供たちのための節約を家族全員でしています。
我が家には、年子の息子が2人います。
そのほかに室内犬も2匹。
犬も人間と同じで、いつ病気になるか分からないので、保険に入ったりしていますし、子供が4人いるような感覚です。
我が家は、年収もそんなにない平凡なサラリーマン家庭なので、子供2人を大学まで行かせて、卒業させるとなると、優雅な暮らしはとてもできない状況です。

でも息子2人とも大学に行きたがっています。
特に上の子のほうは、勉強もそれなりに頑張っていて、学年順位も毎回上げようと、自分なりに頑張っています。
なので親としては、頑張って働いて節約して、なんとか子供の希望に添えるようにしたいと思っています。

しかし夫婦だけで節約は不可能なので、我が家の家計を説明し、節約しなくてはいけない理由を話して、理解してもらったうえで、子供たちにも協力してもらっています。
息子たちにも暖房も極力使わないで済むように重ね着をしてもらったり、お風呂も間を開けると冷めてしまうので、出たら次の人がすぐに入る、使っていない電気はすぐに消す、など、面倒なことも協力してもらっています。

水道代・ガス代・電気代などの紙は、ダイニングテーブルに置いて、みんなが見えるように常にしています。
節約している成果が数字で見て分かれば、子供でも、あの時は面倒だったけど節約できて良かった、と思ってくれます。
これからも目標に向けて、家族みんなで節約を頑張っていこうと思っています。

医療保険はスタンダードなもので

ライフプランのイメージつい最近まで保険について全く知識もなく、医療保険と生命保険の違いも分かっていないまま「とりあえず共済くらいは入っておきなさい」と親が言うので、生協の共済に加入していました。
共済が一体なんなのか?も特に気にせず、結婚後も「とりあえず」旦那さんも共済に加入させていたのですが…(旦那さんも全く興味がない様子)。

先日、自動車保険の保険の見直しのために、某ほけんの比較サービス窓口会社さんへ行ってきたのをきっかけに、医療保険と生命保険についても見直すことにしました。
保険については本当に初心者でしたので、まずは医療保険・生命保険のそれぞれの種類や内容を教えてくださいました。
私自身、生命保険に定期保険・終身保険・養老保険と幾つか種類があることも知らず…。
CMで耳にしたことはあったのですが、興味を持って勉強しないと理解できないものですね。

色々とお話を聞き、とりあえず医療保険にプラスのオプションで先進医療などの特約を付けた方が良いが、医療保険は日額5000円もあれば十分だから、あとは生命保険を追加したほうがいい、との結論に至りました。
確かに、旦那さんが死んでしまった後に「生活していくのにいくら必要か?」なんて試算したこともありませんでした。
医療保険から下りる死亡保険金を差し引いた金額分の生命保険の加入を検討しました。

今後の家族計画(子供は何人ほしいか?家は買うか?)などの予定をもとに、必要な金額を計算し、シュミレーションしたところ、終身保険では月額の掛け金が結構なものに。
私の場合、もし旦那さんが亡くなった時は、実家に帰って働くつもりをしているので、家賃は不要ですし収入も15~20万くらいはあるだろうと想定。
遺族年金や、母子家庭の補助などもあるだろうということも踏まえ、満期の返納金は捨てがたいですが、その分毎月の負担が増えるならば、少しずつ定期預金などで積み立てるのもありだなと思い、定期保険で絞って探すことにしました。
保険会社によっては、定期保険と終身保険を足して2で割ったようなプランもある、とのことです。
「保険は家の次に大きな買い物」と謳われるくらいですから、やはりこういったものはプロに相談するのが一番ですね!

裕福な方の仕事の仕方と考え方の違い

クレジットカードが入った財布私は経済的に余裕がある人間ではありません。
家庭も裕福な家庭に憧れているひとりです。

一緒に仕事をしていて裕福な人は仕事を軽く考えている方が多く感じます。
もちろんそうでない方もたくさんいると思うのですが、私が知り合う方がそんな方ばかりなのです。
仕事に対しての捉え方が随分軽いと感じます。
時間にもルーズですし、夜遊びしすぎて朝起きれなかったと遅れて出勤したりすることもよくありました。
誰かが休みで穴埋めをお願いしても、当日ドタキャンなんてこともざらにありました。

その家庭自体が裕福で、親が子どもに好きなものはクレジットカードを持たせて、自由に使わせていたようです。
ブランドの服やカバンなど買うときは親のカードを使用して購入する自慢話もよく聞かされました。
勿論、車も外車です。
これも親に買ってもらったとの自慢話。

旅行は2ヶ月に一度は家族で行くとの事でした。
なのでよく休むことが多いですが、申し訳なさそうな態度は1度もなく、ホントに価値観が全く違う人と仕事をするのは嫌でした。
嫉妬と言われればそうなのかもしれませんが、仕事だけは真面目に取り組んで欲しかったです。
やはりその方は、仕事もバイトばかりで正社員になることはなく、転々といろんな仕事をされてました。
「仕事はただのこずかい稼ぎみたいな感じ」と言われた時は正直、友だちにはなれないと思いました。